Back

男を揺さぶる戦争映画 ランキング!

Login

戦場のピアニスト

2002年のカンヌ映画祭においてパルムドールに輝いた『戦場のピアニスト』は、ロマン・ポランスキー監督が指揮することを運命づけられた映画である。幼少時代をナチス占領下のポーランドで過ごしたポランスキー監督こそが、ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)の自伝を映画化するに相応しい唯一の人物と言える。ナチスのワルシャワ侵攻を目の当たりにし、死の収容所送りを奇跡的に逃れたシュピルマンは、ゲットーの廃墟に身を隠すことで第二次世界大戦を生き延びる。ナチスのホロコーストを映画化したこれまでの作品とは異なり、主人公の視点から忠実に描写され、ポランスキー監督によって壮大なスケールで戦争を描いた奥行きのある叙事詩となっており、シュピルマンが希望を捨てずに粘り強く生き延びる様子と、彼が逃げ出すことを拒んだ街が徹底的に破壊される様子とを対比して浮かび上がらせている。一切の妥協を排して肉体的、感情的な真実性を追求することにより、『戦場のピアニスト』は希望と精神的純潔性の究極的な調べを奏でている。『シンドラーのリスト』と同様に、人間性の最も暗い部分を描き出した偉大な映画の中の1作である。 by.Amazon

評価総数 : 3

アクセス数
Today 1 / Yesterday 0 / Total 1688

コンテンツ追加

画像アップロード 動画登録



評価する

評価フォーム

審査チャート


















ログインしていない場合、URLを入力することはできません。


評価一覧

No.74 - Lv.29

あのドイツ将校は主人公がピアノ弾きじゃなければ捕虜として拘束、あるいは射殺してたかもしれない。
迫害されたユダヤ人の理不尽すぎる緊張さと、その緊張のなか音楽はそういった垣根を乗り越えて人の心を動かすというのがすばらしかった。

0 / 0
《 本編の面白さ : 8 》 《 兵士の演技・吹き替え : 8 》 《 装備の忠実度 : 3 》 《 戦闘の規模 : 2 》 《 戦闘シーンのエグさ : 2 》 《 戦闘場面の割合 : 1 》 《 緊張感 : 9 》 《 一般人の見やすさ : 8 》 

《 平均 : 5.1 》
《 総合 : 41 》

ドム - Lv.23

文字通り、泥を啜りながらも必死に生きていく主人公が印象深かったです。
ピアニストとして優れた才能があっても、戦争という環境下においては唯の非力な一市民…
戦争映画というジャンルが嫌いな人でも、感じ入る物がある映画だと思います。

0 / 0
《 本編の面白さ : 9 》 《 兵士の演技・吹き替え : 10 》 《 装備の忠実度 : 8 》 《 戦闘の規模 : 6 》 《 戦闘シーンのエグさ : 8 》 《 戦闘場面の割合 : 4 》 《 緊張感 : 8 》 《 一般人の見やすさ : 10 》 

《 平均 : 7.9 》
《 総合 : 63 》

一度見てしまった人には忘れるに忘れられない映画だ。第二次大戦中の迫害されるユダヤ人の視点で語られる話である。主人公はピアニストとしては天才的な才能を持っているが、戦争においてはただのひ弱な男。彼がドイツ兵と渡り合う術は隠れるか逃げるしかない。主人公は一度たりとも暴力沙汰を起こそうとは考えないが、ユダヤ人の中に存在する抵抗組織が不意打ちをかける場面や逆にユダヤ人がただ殺される場面。時々主人公も襲われたりする。大規模なときは大規模だがこの映画における戦闘シーンというのは処刑が多く、その光景が映る度に、人間として持っている隠れた凶暴性が脈打つのだ。

0 / 0
《 本編の面白さ : 9 》 《 兵士の演技・吹き替え : 8 》 《 装備の忠実度 : 9 》 《 戦闘の規模 : 5 》 《 戦闘シーンのエグさ : 7 》 《 戦闘場面の割合 : 3 》 《 緊張感 : 9 》 《 一般人の見やすさ : 9 》 

《 平均 : 7.4 》
《 総合 : 59 》

1
<< Prev Next >>



新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

男を揺さぶる戦争映画 ランキング! の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム