Back

男を揺さぶる戦争映画 ランキング!

Login

プライベートライアン

アメリカ軍兵士の目をとおして語られるこの物語は、第2次世界大戦の歴史的D-デイ侵攻作戦から始まり、上陸後は兵士たちの危険極まりない特別な任務へと続く。ジョン・ミラー大尉(トム・ハンクス)は、ジェームズ・ライアン二等兵を探し出すため、部下とともに敵陣深く浸入する。4人兄弟のライアン二等兵は、ほかの3人の兄弟をすべて戦闘で亡くしたのである。作戦遂行が不可能に思えたとき、兵士たちは命令そのものに疑問を持つ。たった1人の兵士を救うために、なぜ8人もの兵士が命をかけなければならないのか。彼らは戦場の過酷な現実に取り巻かれ、それぞれ自分なりの答えを出す。そして名誉と誠実さと勇気をもって、不確かな未来に打ち勝つ強さを見つけるのである。 by.Amazon

評価総数 : 6

アクセス数
Today 2 / Yesterday 0 / Total 3322

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ追加

画像アップロード 動画登録



評価する

評価フォーム

審査チャート


















ログインしていない場合、URLを入力することはできません。


評価一覧

nutshell - Lv.6

指揮官が部下に命令を下し、行動を起こした部下があっさり死ぬシーンが印象的だった。

0 / 0
《 本編の面白さ : 9 》 《 兵士の演技・吹き替え : 8 》 《 装備の忠実度 : 8 》 《 戦闘の規模 : 10 》 《 戦闘シーンのエグさ : 9 》 《 戦闘場面の割合 : 8 》 《 緊張感 : 9 》 《 一般人の見やすさ : 5 》 

《 平均 : 8.3 》
《 総合 : 66 》

戦争映画で1本上げるとしたらこれしかない、最初の上陸作戦からして映像と音の迫力があって緊張感が凄い。主演のトム・ハンクスの演技がいいですね、引きこまれてしまいました
胸にナイフを突き立たれた仲間の死に方が一番きつかったですね、何でアパム助けに来ないんだ・・・、何故か戦闘終わってから敵兵撃ち殺すし・・・とまぁ語りたい所が沢山ある最高の戦争映画だと思います

0 / 0
《 本編の面白さ : 10 》 《 兵士の演技・吹き替え : 9 》 《 装備の忠実度 : 9 》 《 戦闘の規模 : 9 》 《 戦闘シーンのエグさ : 9 》 《 戦闘場面の割合 : 8 》 《 緊張感 : 10 》 《 一般人の見やすさ : 7 》 

《 平均 : 8.9 》
《 総合 : 71 》

No.182 - Lv.5

自分は映画にあまり迫力を求めませんが、冒頭の戦闘シーンには度肝を抜かれました。
ただそのインパクトの一発屋でなく、最後まで作品として楽しめるのも非常に評価できます。

0 / 0
《 本編の面白さ : 7 》 《 兵士の演技・吹き替え : 6 》 《 装備の忠実度 : 8 》 《 戦闘の規模 : 10 》 《 戦闘シーンのエグさ : 8 》 《 戦闘場面の割合 : 7 》 《 緊張感 : 8 》 《 一般人の見やすさ : 6 》 

《 平均 : 7.5 》
《 総合 : 60 》

No.74 - Lv.29

最初の20分は本当におそろしい。かつてここまでリアルにノルマンディ上陸作戦を描いた映画があっただろうか
アパムを臆病者と笑う人がいるかもしれないが、自分も同じ状況になったらアパムと同じようになってしまうだろう
もちろん、アパムは最後でその名誉を返上するのだが・・・

0 / 0
《 本編の面白さ : 9 》 《 兵士の演技・吹き替え : 8 》 《 装備の忠実度 : 6 》 《 戦闘の規模 : 8 》 《 戦闘シーンのエグさ : 8 》 《 戦闘場面の割合 : 7 》 《 緊張感 : 9 》 《 一般人の見やすさ : 8 》 

《 平均 : 7.9 》
《 総合 : 63 》

ドム - Lv.23

開幕でのノルマンディー上陸作戦にて、揚陸艇の扉が開いた瞬間に兵士達が蜂の巣にされていく光景に衝撃を受けました。上陸してからも足や手を失った兵士達が無数に転がり、凄惨な戦場を良く表現していたと思います。そういった戦闘シーンの派手さだけでなく、政治的理由から馬鹿げた作戦に身を投じるミラー大尉達の心理も凄く細かく描写されており、今でも記憶に残っています。評価コメントを書いている内に、また観たくなってしまう程に面白いので、まだ観ていない方には本当に御勧めです。

0 / 0
《 本編の面白さ : 10 》 《 兵士の演技・吹き替え : 10 》 《 装備の忠実度 : 10 》 《 戦闘の規模 : 10 》 《 戦闘シーンのエグさ : 10 》 《 戦闘場面の割合 : 8 》 《 緊張感 : 8 》 《 一般人の見やすさ : 8 》 

《 平均 : 9.3 》
《 総合 : 74 》

間違いなく戦争映画史に残る傑作。リアルをこだわり抜いたスピルバーグのセンスが惜しみなく発揮され、初めて見た時はあたかも自分が戦場にいるような錯覚すら覚えた。人が死ぬということ。顔も知らないたった一人のために、大切な仲間を失う主人公たち。映画の中とはいえ誰もが疑問と葛藤を経て任務をしているというのが分かる。

マニアはもちろんのこと、戦争に興味がない・戦争を全く知らない人たちにも是非見てもらいたい映画だ。

0 / 0
《 本編の面白さ : 9 》 《 兵士の演技・吹き替え : 10 》 《 装備の忠実度 : 9 》 《 戦闘の規模 : 10 》 《 戦闘シーンのエグさ : 10 》 《 戦闘場面の割合 : 8 》 《 緊張感 : 9 》 《 一般人の見やすさ : 5 》 

《 平均 : 8.8 》
《 総合 : 70 》

1
<< Prev Next >>



新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

男を揺さぶる戦争映画 ランキング! の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム