Back

白熱! 究極の選択ランキング!

Login

命に値段をつけられるか

アメリカのある自動車メーカーが、低コスト・革新的なデザインの新車を開発する。だが、その車は開発時点で致命的な欠陥が見つかったものの、欠陥を修繕するより事故賠償の方が安いという結論を信じた。しかし、翌年になって欠陥が原因による事故が発生し、運転していた男性は死亡。元社員たちによって暴露されたこの事実は多額の賠償だけでなく、会社としての信頼も同時に失うという結果をもたらした。

多数派が幸福ならば、少数派の不幸は容認されるのだろうか?

評価総数 : 1

アクセス数
Today 1 / Yesterday 0 / Total 712

コンテンツ追加

画像アップロード 動画登録

面白さ

40 ポイント / 16 位 (全 16 位中)


評価する

評価フォーム

面白さ(単位:ポイント)




ログインしていない場合、URLを入力することはできません。


評価一覧

人間がいかに奥深いものかを実感させられる。大勢のために一人が、でも大勢は一人を助けてくれない。欧米の資本主義というものは、少数派を犠牲にすることで成り立っていますが人の多くはそれわ気にしていません。それはボクも同じですね。お互いの立場が分かり合うのは相対的に不可能。もしくは、すごく難しいことだと思います。

0 / 0

《 面白さ : 40ポイント 》


1
<< Prev Next >>



新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

白熱! 究極の選択ランキング! の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム