Back

【あの頃はよかった】復活して欲しいテレビ番組 ランキング

Login

平成教育委員会

『平成教育委員会』(へいせいきょういくいいんかい、英字表記:HEI!SAY!A BOARD OF EDUCATION)は、1991年10月19日から1997年9月27日まではレギュラー番組として、2000年1月3日からは年数回の特別番組としてフジテレビ系列で放送されている、トーク番組とクイズ番組を兼ねた教育バラエティ番組である。略称は一定しないが「平成教育」とする場合が多い。

番組開始から1994年9月までは、『たけし・逸見の平成教育委員会』(たけし・いつみのへいせいきょういくいいんかい)が番組タイトルで、ビートたけし(番組では“北野武”名義)と逸見政孝の冠番組であったが、たけしの交通事故による休養と逸見の逝去により、1994年10月に『平成教育委員会』と改題された。後に兄弟番組として『平成教育予備校』及び『熱血!平成教育学院』がレギュラー放送となった(後述)。

※Wikipedia『平成教育委員会』より引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%90%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

評価総数 : 1

アクセス数
Today 1 / Yesterday 2 / Total 1811

コンテンツ追加

画像アップロード 動画登録



評価する

評価フォーム

総合評価










ログインしていない場合、URLを入力することはできません。


評価一覧

安西爆弾 - Lv.79

ふざけるのが大好きなビートたけしが、珍しく真面目な顔で番組を取り仕切る貴重な番組であった。
ボケようとする回答者を一喝する姿は、他では見られない一面であり意外性にあふれていた。
そのため、スタジオのピリピリした緊張感が視聴者にも伝わってくるほどで、まじめに勉強している雰囲気が醸し出されていた。
しかし、岡本夏生のような明らかに場違いなタレントをキャスティングする辺りに絶妙なセンスを感じた。

この斬新な内容も逸見を失ってから、完全に崩壊する。
途端に視聴者に媚びた路線に変わり、問題は明らかに優し目のものばかりになり、
給食の取り合い等バラエティ色が強くなって個性がなくなった。

一端終わっても、スペシャル版やレギュラー放送としてたびたび復活するが、面白かった頃の輝きは絶対に戻ってこない。

0 / 0
《 復活して欲しい度 : 4 》 《 おもしろさ度 : 7 》 《 ハマり度 : 5 》 《 終了時のショック度 : 1 》 

《 平均 : 4.3 》
《 総合 : 17 》

1
<< Prev Next >>



新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

【あの頃はよかった】復活して欲しいテレビ番組 ランキング の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム