Back

2014年冬アニメランキング!

Login

となりの関くん

とある学校の授業中。先生の目を盗んで机での一人遊びに興じる男子生徒・関くんと、そんな関くんの遊びを隣の席から観察(or妨害or参加)する女子生徒・横井さん。毎回予想外の展開を見せる関くんの遊び、さて今回は…

http://www.t-sekikun.jp/

評価総数 : 3

アクセス数
Today 2 / Yesterday 1 / Total 1105

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ追加

画像アップロード 動画登録



評価する

評価フォーム

アニメチャート
















ログインしていない場合、URLを入力することはできません。


評価一覧

2話まで見てみましたがよく分からなかったですね。ギャグ物で8分前後なら全然害とかなさそうですけど、流し見するレベルからは抜け出せませんでした。ギャグ物って簡単そうですごくセンスの要るカテゴリーですから、原作の質がかなり重要だと思います。

でも、これはアニメ化するほどのものではないと思いますね。漫画雑誌のページ管理とかに利用される感じの作品。あくまで漫画として留めておいた方がよかったんじゃないかなぁ。他のギャグ作品とはまた何か違うテイストが込められていたのかもしれませんが、何か深いものが見れるわけでもないし、素直に受け入れて笑えるようなものでもなかった。関くんは授業サボるのが目的なわけなんですけど、中高と毎日授業サボってたボクとしては関くんのやることが常識を逸脱しすぎていて何の共感も感じえない。『あるある感』がないんですよ。それに、この隣の銀髪の女はなんでそこまで関くんのすることが気になるんだろう。関くんが毎日こんなことをしているんなら、周りのヤツも慣れますよ、普通。なにより関くんがずっと独りで遊んでるってことが怖いです。

こち亀とはまた趣旨が違ってきますが、あの作品を素直に『面白い』と思えたのはどこかしら自分に共感を感じさせる部分があったからです。ノートとってるフリしながらパラパラ漫画描いたり、机の上に教科書立てて、その陰で隠れるようにしながら友達とDSとかPSPのアドホックで遊んでましたね、ボクとか。この作品にはそういう懐かしさを感じさせる部分がなかった。

1 / 0
《 ストーリー : 4 》 《 作画 : 6 》 《 キャラクターの魅力 : 1 》 《 音楽 : 7 》 《 演出・構成 : 2 》 《 オリジナリティ : 5 》 《 声優 : 6 》 

《 平均 : 4.4 》
《 総合 : 31 》

ストーリーよりも1話1話で笑って楽しむものという感じ。横井さんのキャラも関くんのキャラも個人的には好きだが、特に俺の好きな声優さんの1人である花澤さんがopも歌ってくれているのでそこは高評価。授業をあそこまでサボれるといっそすがすがしい!
ただ関くんが将棋などで、ゲームルールを無視した遊びをしているところを見ると、ゲームプレイヤーとして少しイラついたりしてしまう。

2 / 0
《 ストーリー : 3 》 《 作画 : 5 》 《 キャラクターの魅力 : 8 》 《 音楽 : 8 》 《 演出・構成 : 7 》 《 オリジナリティ : 9 》 《 声優 : 9 》 

《 平均 : 7 》
《 総合 : 49 》

関くんのやる事がとにかく幼稚過ぎて見てられない。ドミノを作ったり机を磨いたりするのはそれなりに楽しめたが、将棋の駒や碁石を使っての一人遊びはついていけなかった。大勢で馬鹿をやるのは笑えるが、ひとりで黙々と授業中に遊んでいる姿は狂気すら感じる。あと隣でいちいち茶々を入れてくる女子が鬱陶しい。
関くん自体全く喋らないのにしっかりキャストに下野紘がいたのは笑えた。

2 / 0
《 ストーリー : 2 》 《 作画 : 6 》 《 キャラクターの魅力 : 4 》 《 音楽 : 7 》 《 演出・構成 : 5 》 《 オリジナリティ : 7 》 《 声優 : 6 》 

《 平均 : 5.3 》
《 総合 : 37 》

1
<< Prev Next >>



新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

2014年冬アニメランキング! の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム