Back

2014年春アニメランキング!

Login

魔法科高校の劣等生

魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。

そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)、『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。そんな魔法科高校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。

どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

http://mahouka.jp/

評価総数 : 3

アクセス数
Today 1 / Yesterday 0 / Total 1552

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ追加

画像アップロード 動画登録



評価する

評価フォーム

アニメチャート
















ログインしていない場合、URLを入力することはできません。


評価一覧

なんだかんだ2クール目まで見ていましたが、正直全く面白いと思えないので見るのをやめました。
タイトルとは全く違い劣等生とされるクラスに属する登場キャラが全員優等生で、主人公に至ってはこの世界における最強キャラなのか、色々な方面の人間から高く評価されている。そして話の展開が基本的にその主人公を持ち上げるだけのものなので、いい加減見ていてうんざりしてくる。
そもそも最初こそテロリストと戦ったりしてたのに、その次の話がただの学校同士の対抗運動会みたいなものなので全然緊迫感がない上に、その運動会の競技が作中オリジナルなものなのでルールとかよくわからずに見ていてもイマイチ入り込めない。そのよくわからないルールの競技で主人公の作った魔法道具が猛威を振るって、主人公の属する学校の生徒が活躍し、主人公スゲーというお決まりの流れ。もういいですそういうの。

2 / 1
《 ストーリー : 4 》 《 作画 : 6 》 《 キャラクターの魅力 : 5 》 《 音楽 : 6 》 《 演出・構成 : 3 》 《 オリジナリティ : 5 》 《 声優 : 6 》 

《 平均 : 5 》
《 総合 : 35 》

毎回あるお兄様ageが酷すぎて笑えてくる
前半で今の魔法では飛ぶのは不可能!みたいなことを言っておいて、
後半でお兄様が簡単に空を飛んでいたのには糞ワロタ
妹のお兄様へのキチっぷりもしゅごいくて笑える

1クール分だけ見て、お兄様の凄さを楽しむアニメってことだけはわかりました
2クール目もお兄様の凄さを楽しみにしています

途中で出てきたクリムゾンプリンスという、
素晴らしい異名を持つキャラの活躍も楽しみにしています

1 / 2
《 ストーリー : 5 》 《 作画 : 6 》 《 キャラクターの魅力 : 5 》 《 音楽 : 5 》 《 演出・構成 : 5 》 《 オリジナリティ : 5 》 《 声優 : 7 》 

《 平均 : 5.4 》
《 総合 : 38 》

  • ログインして緑色のボタンを押すと僕のレベルがあがります!
  • あづみ

    Lv.317

この作品に抱いた印象は、頭でっかちな作者が各キャラクター(人形)を使って腹話術をしているイメージ。どのキャラクターも理屈臭い語りを繰り返すばかりで、まるで個性が感じられない。

作者が操る人形A 「これは○○だ!(理屈)」
作者が操る人形B 「そんなことはない(屁理屈)」
作者が操る人形C 「いや、こうに違いない!(理屈)」

脳内でこねまわした設定を用いて、作者が一人で会話してる感じ。現実世界では、人それぞれ、IQや語彙の差、考え方の違いなどが当然存在しているんだが、この作品ではどのキャラクターも画一的で、最後には主人公が述べたことを理解し、賛同し、賞賛して終わる。

なぜそうなってしまうのか考えてみたんだが、おそらく作者は相当なナルシストでプライドが高い。そして周囲に頭が悪い人間だと思われることを、強く恐れているんだと思う。そのせいで堅苦しい語り口調のキャラクターだらけになってしまう。例えば、ゴンのような理屈じゃなく情熱で動くようなキャラクターがいたっていいじゃないか。アラレちゃんのようにうんこを棒でツンツンして喜んでいるキャラクターがいたっていいじゃないか。作品を通して、自分の存在を軽く見られてしまうことを恐れているから、描くキャラクターに多様性がなくなってしまうんだ。

過去に読者から作品に対する批判を受けて、作者が必死に反論していた文章を見たことがあるので、おそらくこの分析は当たってると思う。当人がもっといい作家になりたいと願うなら、小手先の技術を学ぶんじゃなく、まずその高いプライドを叩き割って、馬鹿になる努力をした方がいい。

まぁ、そもそも世界レベルの人材が能力を隠しながら高校生とごちゃごちゃ競い合ってるという設定からしてつまんないので(ラノベ界の水戸黄門…)、魔法科高校の劣等生は適当なところで投げ捨てて、考えを改めて一から作品を書き始めた方がいいと思うけど。

2 / 8
《 ストーリー : 4 》 《 作画 : 5 》 《 キャラクターの魅力 : 4 》 《 音楽 : 5 》 《 演出・構成 : 4 》 《 オリジナリティ : 5 》 《 声優 : 5 》 

《 平均 : 4.6 》
《 総合 : 32 》

1
<< Prev Next >>



新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

2014年春アニメランキング! の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム