Back

2013年秋アニメランキング!

Login

弱虫ペダル

千葉県にある総北高校に通う小野田坂道はちょっと気弱でアニメが大好きな高校一年生。

坂道は高校に入ったらアニメ研究部に入部しようとしていたが、中学自転車界で名を馳せた今泉俊輔や関西の自転車大会で賞を総なめにした鳴子章吉との出会いによって、自転車競技部に入部することになる。自転車競技部では激しいトレーニングや事件が待ち受けていたが、金城、田所、巻島といった個性的な先輩や、沢山の仲間に支えられて数々の試練を乗り越えていく坂道。

そうした日々の中で坂道の中に眠る自転車選手(ロードレーサー)としての才能が目覚め始める…!!

http://yowapeda.com/

評価総数 : 2

アクセス数
Today 1 / Yesterday 1 / Total 2270

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ追加

画像アップロード 動画登録



評価する

評価フォーム

アニメチャート
















ログインしていない場合、URLを入力することはできません。


評価一覧

  • ログインして緑色のボタンを押すと僕のレベルがあがります!
  • あづみ

    Lv.317

なんだこの終わり方!インターハイ2日目、最後の勝負に行くところで終わってしまった。盛り上げて盛り上げて次回に持ち越し。しかも少し間が開いてしまうので、せっかく作り上げた熱気が冷めてしまいそうだ。このシーンで2期に持ち越すということは、ここからまた長いんだろうか。まぁ無理に話を圧縮してぶち壊しにしてしまうよりは全然ましだけど。

レースは終盤になるほど面白い。全員、限界まで行ってから、さらにそこから絞り出して勝負していく感じが非常に熱い!そういう戦いの熱さについてはかなり上手く描けていると思う。

ただ中盤がちょっとダレるんだよな。カロリーメイト咥えてるキャラクターがベロだして鬼になってるシーンとか茶番すぎるだろ。各キャラクターが必殺技見せていくところも、なんかアホくさく感じていまいち乗っていけない。みんなひと通り技を見せてしまったら後はどうすんだろうか?さらに新必殺技を編み出して披露していく形になるんかな。

面白いんだけど、基本的に主人公ほったらかして周りのキャラクターで物語を組み立てて行ってるのが、少し残念だ。もっと小野田君が活躍するシーンが観たい。自転車競技未経験者をいきなり本番のレースで大活躍させるのは、現実味がなさすぎて難しかったんだろうけど、それにしても空気すぎるよなぁ。もうちょっとなんとかならなかったんだろうか。

終わり方が終わり方なだけに2期が非常に気になります!

0 / 0
《 ストーリー : 8 》 《 作画 : 7 》 《 キャラクターの魅力 : 8 》 《 音楽 : 7 》 《 演出・構成 : 8 》 《 オリジナリティ : 8 》 《 声優 : 8 》 

《 平均 : 7.7 》
《 総合 : 54 》

スポコン物はとりあえず序盤ははずれがないって感じで楽しいですね。若干展開が遅いかな?って気もしますけど、じっくり大会優勝まで描くんでしょう。小野田君が回収車に追いつかれて取り乱してたところは「いくらなんでもそこまで絶望するような事なのか?」って小野田君のメンタルの弱さにドン引きしてしまいましたね。

1 / 0
《 ストーリー : 8 》 《 作画 : 7 》 《 キャラクターの魅力 : 7 》 《 音楽 : 7 》 《 演出・構成 : 7 》 《 オリジナリティ : 8 》 《 声優 : 7 》 

《 平均 : 7.3 》
《 総合 : 51 》

1
<< Prev Next >>



新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

2013年秋アニメランキング! の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム