Back

ゲーム番組 ランキング!

Login


ゲーム番組 ランキング!


新作ゲームの紹介は「今週のイチ押しソフト」一本のみでイマイチ。
ところが、ゲームを題材にした視聴者参加型のクイズが異様に面白く、
その他視聴者参加型のゲームを使った対戦コーナーもあり、ゲームを扱った番組としては
王道的で使い方の上手かったお手本的番組だと思う。
マリオスタジアム以降は、初期のシンプルさがなくなったり、素人いじりも控えめになってしまった。
他にもサッカーしたり、偏った企画が増えて、番組としての魅力が一気に半減しいつの間にか見ることがなくなった。

0 / 0
《 おもしろさ : 7 》 《 ゲーム情報量 : 8 》 《 出演者のゲーム好き度 : 7 》 

《 平均 : 7.3 》
《 総合 : 22 》

最初期のクリエイターインタビューをやっていた頃が最も好きだった。
スタッフがファミコン世代で、ゲームの知識がちゃんとあることがブレークの秘訣だったと思う。
やはり目玉は難関ゲームをクリアしていく「有野の挑戦」で、初期はファミコンの有名難関ゲームを次々と取り上げていたが、
次第にネタ切れ感が出始め、最近は迷走している印象だ。

しかし最も気に障るのは、昔スタッフのサポートがありとはいえ、難しいゲームをクリアして
ゲーム慣れしているはずなのに、どんくささを無理に演出している部分だ。
ゲーム慣れしてても、初プレイのゲームで人によっては以外な所でつまずいたりするのだから、
そういう意外さを取り入れていってもいいと思う。
アクションが絵的に映えるし、収録時間の労力も使わずに出来るだろうが、
RPG系なんかも今後取り上げていってほしいものだ。

ロケ企画など色々やっているが、柱になれるほど面白いものはない。

一時期はゲーム化したり公開収録するほど大きな番組になったが、
ここ最近、パワーが落ち気味なのが気になる。

0 / 0
《 おもしろさ : 8 》 《 ゲーム情報量 : 5 》 《 出演者のゲーム好き度 : 7 》 

《 平均 : 6.7 》
《 総合 : 20 》

PCエンジンで商売してるメーカーばかり、NECとハドソンを中心にスポンサードされていた番組。
ゲームばっかりじゃなくて、バラエティとしてもテレ東らしいなんでもありな内容で面白かった。
ゲーム情報も、義務的に新作を紹介するだけでなく、開発者にインタビューしにいったり、逆にスタジオに呼んだり、見応えのある内容だった。
後番組のセイントPCハイスクールも面白かったが、大竹まこと時代の破天荒さに叶うものではなかった。
さらにその後番組のそのまんま東のバーチャル情報局になるとつまらない番組になって打ち切られてしまった。

0 / 0
《 おもしろさ : 8 》 《 ゲーム情報量 : 8 》 《 出演者のゲーム好き度 : 3 》 

《 平均 : 6.3 》
《 総合 : 19 》

前身の「ザ・ゲームパワー」時代は、ゲーム情報番組自体が無い時代で、貴重な存在だった。
番組スポンサーをしてるメーカーの広報が、紹介したいゲームのプレゼンテーションをする形式のため、
任天堂やセガ等有力メーカーのゲームは取り扱えず、番組内容もスポンサーに左右されていた。
初期(ゲームパワー時代)は、有力メーカーが多く広報も面白いキャラの人が沢山来ていたが、
番組としての価値が落ち始めたのが、「ゲーム王国」に変わって数年。
大手メーカーが見切りをつけ始め、残ったマイナーメーカーのゲームばかり紹介されるようになってからは、全く情報番組としての価値も、面白さもなくなり廃れていった。
しかし、番組スタッフや出演者たちが全くゲームに縁のない人たちばかりで
これだけ長寿番組になったのはある意味すごいし、危険な橋を渡っていたと感じる(はっきりいっていなくても問題ないレベルの人選であった)。

0 / 0
《 おもしろさ : 6 》 《 ゲーム情報量 : 7 》 《 出演者のゲーム好き度 : 3 》 

《 平均 : 5.3 》
《 総合 : 16 》

1
<< Prev Next >>


表示件数切り替え

新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム