Back

あでゅ! ゲームCMランキング!

Login


あでゅ! ゲームCMランキング!


世界の果てまでイッテQ!風のナレーションが笑える。モンハンCMでは一番おもしろいシリーズ。

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 4 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4.7 》
《 総合 : 14 》

ゲームが変わる、64が変えるというキャッチコピーは寒さを感じ得ないが、映像など技術面では間違いなく最高峰を誇っていた。
ソフト込みで3万円以上出せる価値はあったが、ロンチ以降3ヶ月間ソフトがなく、定期的にゲームが発売されるようになるまで1年かかり、その頃にはPS1でも結構良いゲームが出始めて、売りどきを間違えてしまった感じがする。

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 4 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4.7 》
《 総合 : 14 》

ゲームが衝撃的なのもあるが、CM内容も編集がしっかりしていて素晴らしい。
CMソングも話題となり、セールスを記録したが、
ゲームやゲーム機が売れるほどの牽引力は果たせなかった

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 4 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4.7 》
《 総合 : 14 》

タレントにゲームをやらせる手法が斬新で画期的で非常に印象に残っている。
ゲーム画面とプレイヤー(音声)の映像のかぶせ方に脚色してる感はあるが、
それにしても編集が秀逸である。

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 3 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4.3 》
《 総合 : 13 》

せがた三四郎のサクラ大戦バージョン。
ヒロインキャラは担当の声優横山智佐をコスプレさせて登場。
こんなCMを作ってでかく売りだすなんて当時のセガは良い意味で頭がトチ狂っていたんじゃないかと思う。

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 3 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4.3 》
《 総合 : 13 》

今でこそ稚拙なグラフィックだが、PS/SS初期にこの水準の映像は衝撃的だった。
同時発売のサクラ大戦とどっちを買うか迷わせるものがあった。
ワゴン投げ売りソフトの常連(100円程度で買える)だが、当時は9800円出させる価値があった。
だが、64初期は、本当にソフトがなく、これだけずば抜けた性能を持っていても全く売れなかった。

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 3 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4.3 》
《 総合 : 13 》

ゲーム画面は一切ないのに、実写なだけで雰囲気をなんとなく伝えているところがうまい。
この頃のスクウェアは、CM制作でヨーロッパにロケしに行くことが多く、町並みもファンタジー色が出てて良かった。

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 4 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4.3 》
《 総合 : 13 》

CMが有名になってしまうパターンの一つ。
ゲームは知らなくても、CMのネタは知ってるっていう本末転倒なアピール効果を与えた。
この頃の任天堂を担当した広告代理店は非常に優秀だったと思う。

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 2 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4 》
《 総合 : 12 》

初期はハード発表前に流されたもので、当初は意味不明なCMだった。
98年5月からこのシリーズCMがスタートし、その投下量は半端ないもので、湯川専務は一時期テレビ出演すれば歓声が上がるほどの時の人になった。

0 / 0
《 衝撃度 : 5 》 《 ゲーム説明度 : 2 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 5 》 

《 平均 : 4 》
《 総合 : 12 》

CMを見た時、圧倒的な画質の良さに発売日買いをさせるほどの魅力があったが、下品なセンスが受けなかったのか、ワゴンセールの常連になってしまった。

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 4 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 4 》
《 総合 : 12 》

CMだけ見てると、とても面白そうなのだが(DSiでやるとCM並に画質も良い)。
移動からどの操作もすべてタッチパネルを使うせいで、相当損しているゲーム。
スマホでもタッチ操作はゲームで嫌われているのに、当時の任天堂はなぜか大プッシュ。
スカウォの源流となるゲームの一つで、ポリゴンだが2D形式のゲーム内容自体は好きだったので、3DSでこの路線を続けて欲しいと思っている。

0 / 0
《 衝撃度 : 3 》 《 ゲーム説明度 : 5 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 4 》
《 総合 : 12 》

ポケモンが最も勢いがあり脂が乗っていた時期。
タレントVerは良くあるタイプでイマイチだが、1つ目のCMはゲーム内容と当時の雰囲気を表現していて良い。
あのレトロなGBを持ち歩き、通信するときは一々通信ケーブルをつないで遊んでいたものだ。
ゲーム自体は、賛否両論だった記憶がある。

0 / 0
《 衝撃度 : 3 》 《 ゲーム説明度 : 5 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 4 》
《 総合 : 12 》

CMでは面白そうだったのだが、実態はボリューム不足と引き伸ばしで期待はずれに終わってしまった一品。
時のオカリナと違って、ハード発売から1年ですんなり発売された時点で、予想していたことではあったが、がっかりだった。

GCマリオ、GCゼルダの不発で2002年は任天堂への期待値が大きく下がった1年だった。GCは売れないほうが良かったゲーム機だったと今では思う。

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 3 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 3.7 》
《 総合 : 11 》

1のライト受け狙ったCMに比べればゲーム内容に則した動きもあり、進歩している。
しかしこの手のCMは印象に残りにくいのが難点。

0 / 0
《 衝撃度 : 3 》 《 ゲーム説明度 : 4 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 3 》 

《 平均 : 3.3 》
《 総合 : 10 》

任天堂GBAのCMは、過剰にライト向けを意識していたが、このCMは成功している方だと思う。

0 / 0
《 衝撃度 : 3 》 《 ゲーム説明度 : 5 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 2 》 

《 平均 : 3.3 》
《 総合 : 10 》

DC初期のキラータイトルにしたかったのか、CMも豪華で種類が多く、沢山流れていた。
CM上では60フレームでなめらかに動いているゲーム画面があったが実際は30フレーム固定でがっかりしたものだった(後のGC版で部分的に60フレームを実現させる)

このように、力作ではあったのだが、ゲーム自体はマリオ64並にリニューアルされたものの、ソニックシリーズの持ち味が生かしきれておらず、ソニックファミリーを動かすイマイチな3Dアクションゲームになってしまった。

2では、一転してこの方向性を徹底的に練り込んで、完成形といえるほど出来の良い作品となっている(GCにも移植された)

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 2 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 3.3 》
《 総合 : 10 》

サクラ大戦のCMとセットで良く流れていた。
格ゲーはあまりやらないのだが、アーマー破壊と3D格闘では珍しい壁で囲われたフィールド、壁を利用したコンボ、壁をぶち破るスーパーK.O演出等に惹かれてSS版を友達と良くプレイしていた。
システムも面白かったが、ペプシマンが出てくるサプライズや、当時のアーケードの移植らしからぬ隠し要素をやりこむことで出現させたり、プラクティスモードやリプレイ保存モードが恐ろしいほど充実していて、かなり遊べるゲームだった。
同年12月に発売されたファイターズメガミックスではこのゲームを基本にさらにパワーアップしていてセガ全盛期とも言えるクオリティを誇っていた。

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 2 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 3.3 》
《 総合 : 10 》

既にPS/SSに押され気味だったが、発売近辺になると昼夜問わずCMが大量投下され、購買欲が刺激されたものだった。

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 2 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 3.3 》
《 総合 : 10 》

おちゃらかホイの替え歌を延々と流し続けるインパクトが当時から凄かった。

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 2 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 4 》 

《 平均 : 3.3 》
《 総合 : 10 》

沢山流れていた。クラッシュダンスはソニーハードの顔になるほどの影響力を持っていた。

0 / 0
《 衝撃度 : 4 》 《 ゲーム説明度 : 3 》 《 感激or腹筋崩壊度 : 2 》 

《 平均 : 3 》
《 総合 : 9 》

1 2 3 4 5 6
<< Prev Next >>


表示件数切り替え

新しく作成する

ランキング作成

新しくランキングを作成する場合は、こちらから作成してください。下のボタンを押すとランキングを作成するフォームへ移動します。

作成フォーム

の設定をコピーして、新しくランキングを作成する場合はこちらから作成してください。

コピー作成フォーム